映画・ドラマ感想百科 » テレビ番組 »

スマスマに登場した渡部陽一に爆笑

スマスマに登場した渡部陽一に爆笑

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加







先日、フジテレビの「SMAP×SMAP」に戦場カメラマンの渡部陽一さんが登場していました。

私も渡部さんのことは最近知ったのですが、あの独特の、ゆっくりとした語り口と穏やかで深い声、おおげさなジェスチャーに魅了されました。

別の番組でも彼の自宅が公開されていましたが、本棚にぎっしりと並べられた戦場での記録はすごかったです。その中身も、字がぎっしりと書かれている上に、それを何冊も持って、米俵のように担いでいるというのですから驚きます。

あんなに重いものを持って、首や肩が痛くならないんですかねー。まさにプロ魂です。

司会の中居くんに「現地のガイドにだまされたりしたことないんですか」と聞かれて、答えたときの渡部さんが最高に面白かったですね。

「おはよう」のところは爆笑でした。それから西田ひかるや絢香の歌をうたうところもすごかったです。

それでも、やはりカメラマンだなあと思ったのは、スマップの写真を撮る時でした。動きがいきなり機敏になり、しゃべりもいつもより少し早くなっていました。

ビストロスマップの今日の料理は、麻婆豆腐でした。特に渡部さんが気に入っていたのが、木村拓哉の作った牡蠣の入ったものです。

「牡蠣が、なくなって、しまいました」というところも最高でした。あの牡蠣は本当に美味しそうでしたね。

スポンサード リンク

他にも面白かったのが、スマップのメンバーとあいさつするところ。中居くんとキムタクと渡部陽一さんは同級生だそうです。

そこで、タメ口でお互いあいさつしようということになりました。中居くんが「よう、渡部」とあいさつしますと、渡部さんが「よう、なか、い」という感じでゆっくり返すところも笑い転げました。

渡部さんは、戦場に行く時には、信頼できる現地ガイドと、武器をもった護衛との最低計三人で、行動するとおっしゃっていました。私も戦場カメラマンは武器もなしにどうやって身を守るのだろうと前から不思議でしたが、やはり護衛を付けることが多いんでしょうね。

あとは、軍についていくということも多いと聞いています。

そして、渡部さんが実際に使っている防弾ベストを紹介していました。鉄のプレートが入っており、重さは7キロあるそうです。これを着て、カメラを構え、戦場で迅速に行動するのですからほんとうに大変な仕事です。

カメラも、日光を反射すると銃と間違えられるので、それを防ぐためにテープが張られていました。

そして、勝者となったキムタクに、渡部さんの一番気に入っている写真が贈られました。イラクで子供たちが無邪気な笑顔をみせている写真です。

本当に、早く戦争がこの世界からなくなって欲しいと思いました。

戦場カメラマンの先駆者であるロバート・キャパも、戦場で亡くなっています。ぜひ渡部陽一さんには今後も元気で活躍していただきたいです。

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)