映画・ドラマ感想百科

龍馬伝

龍馬伝の総評

先日完結したNHK大河ドラマ「龍馬伝」。私は全話を見ましたので、作品全体の感想を書いてみます。

(さらに…)

龍馬伝の演出の秘密

「龍馬伝」を演出されている大友啓史さんが、龍馬伝での演出手法を語っている記事がありましたのでご紹介します。

(さらに…)

龍馬伝 第48回(最終話)

○あらすじ

海岸で若い者に剣の指導をする武市半平太。そしてその脇にはまんじゅう屋の長次郎もいる。

(さらに…)

龍馬伝 第47回

○あらすじ

時は慶応3年。民衆は集団で踊りながら、「ええじゃないか」と唱えていた。10月、後藤象二郎は京の二条城で徳川慶喜に大政奉還の建白書を提出した。

(さらに…)

龍馬伝 第46回

○あらすじ

土佐の高知城。坂本龍馬の持ってきた銃を見て、山内容堂は「どっちを向いて使う気だ」と後藤象二郎に尋ねる。山内家が恩顧を受けてきた徳川幕府に銃を向けるなどできぬということだ。

(さらに…)

龍馬伝 第45回

○あらすじ

土佐の坂本家に龍馬(竜馬)から手紙が来た。そこには、自分は最後の大仕事をしようとしている。これをしくじれば日本中で戦が起きてしまうと書いてあった。

(さらに…)

龍馬伝 第44回

○あらすじ

長崎の海援隊本部に戻った坂本龍馬(竜馬)。土佐では後藤象二郎が山内容堂に大政奉還の建白書を書くことを進言する。

(さらに…)

龍馬伝 第43回

○あらすじ

下関のお龍のもとに坂本龍馬から文が来た。彼は夕顔丸という土佐藩の船に乗って京へ行くという。

(さらに…)

龍馬伝 第42回

○あらすじ

海援隊が大洲藩から借り受けたいろは丸は、貨物や客を乗せて出航したものの、讃岐沖で御三家の紀州藩の明光丸と衝突し、沈没してしまう。

(さらに…)

龍馬伝 第41回

○あらすじ

亀山社中の一同は、小曽根邸に本拠地を移していた。坂本龍馬(竜馬)は、自分たちは脱藩したものばかりだから、自由に活動でき、また土佐藩の後ろ盾もあると語る。

(さらに…)
ページ1 / 6123456

スポンサード リンク