映画・ドラマ感想百科

龍馬伝

龍馬伝 第30回

○あらすじ

幕府への恭順派を抑えて高杉晋作らが実権を握った長州藩は、独立へと向かう。

(さらに…)

龍馬伝 第29回

○あらすじ

1882年、東京の千住。郵便汽船三菱の社長、岩崎弥太郎はお灸の治療を受けながら、新聞記者からインタビューを受けていた。

(さらに…)

龍馬伝 第28回

○あらすじ

武市半平太(瑞山)と岡田以蔵を助けるために罪をかぶった坂本龍馬(竜馬)を、彼らしいと坂本家では話していた。そして、もっと龍馬と過ごしたかったという思いも乙女たちの心の中にあった。

(さらに…)

龍馬伝 第27回

○あらすじ

海軍操練所が閉鎖され、行き場をなくした坂本龍馬(竜馬)たちはどうしたらいいか途方にくれる。

(さらに…)

龍馬伝 第26回

○あらすじ

海軍操練所が閉鎖されることとなり、落ち込む坂本龍馬(竜馬)。その龍馬に勝麟太郎は、塾生を出してくれた藩に対して詫び状を書いたと明かす。

(さらに…)

龍馬伝 第25回

○あらすじ

18年前に亡くした母、幸にうりふたつの女性を見かけた坂本龍馬(竜馬)。彼女は伏見の寺田屋という船宿の女将をしており、名を登勢という。

(さらに…)

龍馬伝 第24回

○あらすじ
元治元年(1864年)に起きた池田屋事件。京都の攘夷派の集まったところを近藤勇率いる新選組が襲撃し、多数の死者が出たのだ。

(さらに…)

龍馬伝 第23回

○あらすじ
饅頭屋の長次郎こと近藤長次郎が結婚し、勝塾の塾生や勝麟太郎(海舟)の祝福を受ける。そこで勝は、神戸村に幕府の海軍操練所が完成したと皆に伝える。

(さらに…)

龍馬伝 第22回

○あらすじ
坂本龍馬は、平井収二郎が切腹させられ、武市半平太が牢に入れられたことを振り切るように大阪の勝塾で懸命に学んでいた。

(さらに…)

龍馬伝 第21回

○あらすじ
引き続き勝塾で学ぶ坂本龍馬(竜馬)だが、平井加尾から知らされた収二郎の切腹のことが頭から離れない。

(さらに…)
ページ3 / 6123456

スポンサード リンク