映画・ドラマ感想百科 » テレビドラマ »

妖怪人間ベム 第3話のネタバレ有り感想

妖怪人間ベム 第3話のネタバレ有り感想

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加







自殺を何度もしようとしてしまった老人は、実はがんを宣告され、あと半年しか生きられないと言われてしまったのです。これはつらいです。

しかし、彼は死ぬ前にやりたいことをリストにしていました。バイク便を使うとか、雪男に会うといったものです。

ベムとベロは彼に協力して、できる限りリストを実現できるように協力します。

しかし、老人ばかりをねらうひったくりの男もまた、この老人に目をつけていたのです。

一度はひったくりに失敗するも、老人のアパートにまで男は押しかけ、彼のバッグを奪おうとします。

一方、ベラはこの老人を感動させて泣かせることで、涙を手に入れようと狙っています。涙を皮膚にかけると、人間になれそうだからです。

心を閉ざしていた老人も、ベムたちが妖怪であること、そして昔に自分を助けてくれたことを知り、ベムたちと打ち解けるようになります。

しかし、老人と会う約束をしたのに、老人は約束の場所に来ません。そう、例の男にちょうど襲われていたのです。

男は老人のバッグを奪い、取り返そうとしたベムたちの前で焼いてしまいます。怒ったベムは変身し、男を気絶させます。

その後、老人と約束をしていた場所に、バイク便が来ました。やりたいことをまた一つ実現できたのです。

老人はベムたちに心から感謝をしつつ、残りの人生を自分の力で楽しむために、旅に出たのです。彼が送ってきたのは、ベラがはなまるを付けた事業計画書でした。

スポンサード リンク


感想

私は今回の話は好きです。派手な話ではありませんが、味わい深いものでした。今回はひったくりの男からも涙を採取していましたが、あれも効くのでしょうか?

そしてベムたちは感動しても変身してしまうんですね。一方、刑事が彼らの住処近くまでやってくるようです。これからどうなるのかまったく想像がつきません。

それにしてもベロ役の鈴木福くんはかわいいなあ。

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)