映画・ドラマ感想百科 » テレビドラマ »

妖怪人間ベム 第5話

妖怪人間ベム 第5話

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加







あらすじ

巡査が何者かに襲われた。現場にはサイコロが落ちていた。

ベロの友達の優以は、父親の夏目から買ってもらったアクセサリーを壊してしまったといって悲しんでいた。

またも警官が襲われるが、ベムたちの正体を見てしまった夏目はそのことが気になって捜査に集中できない。

ベロはベムやベラと、優以のためにアクセサリーのなくなった部品を探す。その姿を夏目も目撃していた。

ベムたちは緒方教授の家に呼ばれて、新たに判明した事実を教えてもらう。緒方家の家系図を遡ると、晋作という人物がいた。生物学を研究していた男で、その写真にはなんとベムや緒方も持つステッキが写っていた。


感想

こんなに夏目に正体がばれてしまうとはちょっと意外でした。しかし、それだけに夏目が今後どのように物語に絡むのかが楽しみです。

夏目役の北村一輝さん、ちょっと頼りなくて優しい人物を自然に演じています。

緒方教授に教えられて晋作の研究所だったところを訪ねるベムたち。古くて荒れ果てている建物です。静かで不気味で、とても雰囲気が出ていました。

今回の犯人のしたことは許せませんが、夏目の言ったようにあのような生い立ちで物事を受け入れていくのは難しい気もします。そのため今回はすんなりと夏目やベムの言ったことに共感はできませんでした。

まあ、それでも受け入れて生きていくしかないとは思うのですが。

いよいよ謎の男について明らかになってきました。あの男は緑の液体をかけることで人間の悪意を増幅させているんでしょうか。そうだとすると、少なくとも正義の味方ではなさそうです。

いやあ、続きが気になります。

ベロが「見落としている可能性も否めないから」というところは笑いましたが、考えてみると彼も長生きしているんですよね。これくらい難しい言葉を知っていても不思議ではないです。
妖怪人間ベム 第5話のネタバレ有りレビュー

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)