映画・ドラマ感想百科 » テレビドラマ »

妖怪人間ベム 第7話

妖怪人間ベム 第7話

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加







あらすじ

悪い人の涙を取りに行こうというベロだが、ベムは夏目の息子、まことの死を伝えるために夏目に会いに行く。

その途中で他の男達に襲われていた若い男を助けるベム。彼は鷹山と名乗り、ベムを先生と慕うが。

爆発事故を起こしてしまった大久保は、自分に責任があるというが、第三者が仕組んだ可能性もあるかもしれないという。

鷹山の母も、あの爆発の被害者だった。そして、鷹山はある事情から父を憎んでいた。


感想

うーん、今回も救いのないストーリーでしたね。毎回謎の男によって緑の液体をかけられて悪人たちがさらに凶行を重ねてしまいますが、彼らにも彼らなりのつらさや悲しみがあります。

それを止めようとするベム、それを助長しようとする謎の男。この違いはなんなのでしょう。

大久保が爆発事故の原因だと知り、夏目は苦悩します。大久保を憎いと思いますが、仕方ないと割りきろうとするところは本当に優しいですね。夏目がずっとこの優しさを持っていてくれることを願います。

結局、鷹山を連れてベムたちは夏目の家のお世話になります。それなのに…。

ベロがベラに「合点承知の助」というところは笑えました。古い言葉をよく知っています。一方、謎の男の「もうすぐですよ」というセリフが非常に気になります。

悪いことをしても悪びれず、謝らない鷹山に私も腹が立ちました。彼にはいろんな逮捕歴があることが発覚。

ただ、彼も母親を亡くし、父親はギャンブルに狂って妻子を見捨てた過去がありました。もちろん鷹山のしたことは許されませんが、彼も被害者だったんですね。こういう話をみると複雑な気分です。

一方、ベムと緒方教授のもつステッキの分析結果が出ました。なんと人骨でできているというのです。だとすれば誰の骨なんでしょう。いよいよわからなくなってきました。
妖怪人間ベム 第7話のネタバレ有りレビュー

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)