映画・ドラマ感想百科 » テレビドラマ »

妖怪人間ベム 第8話

妖怪人間ベム 第8話

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加







あらすじ

何者かに刺されてしまった夏目刑事。一方、謎の男がベムたちの前に現れ、真実を少しずつ話し始める。

夏目は5年前の爆発事故の犯人は東郷だと疑っているが、確証はない。

犯人のことを許そうと思っていた夏目だが、やはり憎しみが増していた。


感想

やはり優しい夏目でも、次第に感情が抑えきれなくなりました。人間として当然だと思います。

自分たちを作ったのはあんたか、と問うベムに、正しくもあり間違いでもあるというあいまいな返事をする謎の男。ということは研究所で晋作がベムたちを作ったというのは真実ではないのでしょうか。

教授の家に行くベラとベロ。家政婦の日出美は彼らの正体に感づいたようでドキッとしますが、なんと探偵だと思っていたんですね。日出美のキャラはこの重い話の中でほっとします。

夏目は東郷に会い、5年前の真相を知りたいといいます。しかし、これが東郷に危機感を募らせます。

小春が帰宅。いい人をみると自分がへこむといいます。自分と比べてしまうからですが、みんないい人になろうと頑張っているとベラは慰めます。

このシーンは伏線になるのでしょうか。それとも、正義の為にがんばりながら報われないベラたちの心情を表しているのでしょうか。

夏目の前にまた、謎の男が現れます。夏目は彼が人間でないことに気づきます。まあ、顔を見ればわかりますけど(笑)。謎の男がいつものように「あなたの目、乾いてますね」といいながら緑の液体をかけようとしますが、やめます。

夏目には必要ないと思ったようです。これまで、ベロたちは悪人の涙を皮膚につけると少しだけ人間に戻れそうでした。

これは、やはりあの男の緑の液体と関係があるのでしょうか。わからん。

今回は夏目たちに危機が及び、意外な人物が活躍します。そして、いよいよ謎の男が真実を語り始めました。この先どうなるのかまったく読めなくなってきました。
妖怪人間ベム 第8話のネタバレ有りレビュー

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)