映画・ドラマ感想百科 » ホラー映画 »

「エイリアン2」ネタバレ有りのレビュー

「エイリアン2」ネタバレ有りのレビュー

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加







エイリアン2のネタバレ有り感想です。未見の方はご注意を。

海兵隊たちの向かった居住区は、エイリアンたちの巣と化していました。おまけにゴーマンのミスで銃が使えない!

リプリー(シガニー・ウィーバー)のとっさの判断で装甲車を救出に回しますが、何人かはエイリアンの犠牲になってしまいました。おまけに殺されずに繭にされるという恐ろしさ。

ちょっと頼りないヒックスがリーダーとなり、これからどうするかを決める。なにしろ彼らを投下した宇宙船もやられてしまったからだ。

ここで、人造人間のビショップがもう一隻、宇宙船があるという。そして、それを操縦するのは自分がやるというのだ。リプリーに嫌われていたビショップだが、実はとてもいい人なのです。

しかし、エイリアンの群れもリプリーたちに近づいていました。おまけに名前は忘れましたが、リプリーとニュートを殺そうとしたあの男! あいつは許せん。ざまあみろという最期でしたが。

スポンサード リンク

リプリーたちの奮戦むなしく、エイリアンは次第に迫ってきます。あの探知機でエイリアンに囲まれているのがわかったときの感じ、嫌ですねー。

そして、男勝りの活躍をするバスケスと、彼女を助けようとするゴーマン。ゴーマンも自分のミスで部下を大勢死なせたことに自責の念を抱いていたのです。このシーンは泣けます。バスケス、男だぜ!(女だけど)

一方、ニュートはエイリアンにさらわれてしまいます。時間がないのに彼女を助けに行くリプリー。リプリーは長い間ノストロモ号で宇宙をさまよっていたので、娘さんは既に死んでしまったのです。

それも、ニュートをかわいがる理由の一つでしょう。

ニュートを助けに、居住棟の地下深くまで行くリプリー。探知機だけが残されていた場面には「ひどい!」と叫びそうになりましたが…。

その後、リプリーは巨大なエイリアンと対峙します。次々に卵を生む、そう、女王なのです。こいつの禍々しさは必見です。こんなのに追いかけられたら、それだけで死にそうです。

しかし、女王もしつこく、なんと宇宙船にくっついてきたのです。いよいよこいつをどうにかしないと、自分たちは助からない。

そのときリプリーが乗り込んだのが、作業用のパワード・スーツ。あのでかい女王相手に一歩も引かないリプリーの勇ましさ。

そして死闘の末、女王を宇宙空間に放り出すことができ、リプリー、ニュート、ヒックス、ビショップは助かったのです。ビショップやヒックスなど、キャラも個性的でよかったです。

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)