映画・ドラマ感想百科 » 龍馬伝 »

龍馬伝 第43回

龍馬伝 第43回

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加







○あらすじ

下関のお龍のもとに坂本龍馬から文が来た。彼は夕顔丸という土佐藩の船に乗って京へ行くという。

山内容堂は徳川慶喜らと会議をするが、薩摩も慶喜も自分のことしか考えていないと腹を立てる。

船内で一生懸命に書いたものを読んでほしいと後藤象二郎に渡す龍馬。それは、日本の将来への道筋を書いたものだった。

長崎の土佐商会では自分の実力で商人たちが集まったと岩崎弥太郎が喜んでいた。ところが、後藤が勝手に船や銃を買って巨額の借金がここに回されていた。

そのことに立腹した弥太郎は、グラバーにイギリス式の商売を教えて欲しいと頼む。

京都に着いた龍馬たちだったが、山内容堂はすでに土佐に戻ってしまっていた。これにより、大政奉還は暗礁に乗り上げた。

龍馬と陸奥陽之助は再び新選組に襲われる。その危機を救ったのは中岡慎太郎だった。中岡は薩摩藩と、武力倒幕の策を練っているという。

そして、西郷吉之助が後藤に会いたがっていることを龍馬に伝える。薩摩藩に大政奉還を目指すと言わせればわしらの勝ちだと龍馬は後藤にいう。

かくして土佐と薩摩との話し合いが持たれた。西郷は小松帯刀に、大政奉還に乗ってみないかと持ちかける。ただし、それがならなかったときには徳川との決戦をし、そこに土佐も挙兵してもらうという条件を付ける、と大久保利通が語った。

こうして薩土盟約は成った。

まずは大政奉還を目指すという薩摩に納得できない中岡。龍馬は彼に、戦で幕府を倒したあとはどうするのかと問う。そして龍馬は船中で書いていた文書を中岡に見せた。

これが「船中八策」である。議院をつくる、身分が低くても政治に参加できる、日本を異国と対等な立場にする、帝を守る軍隊を作り、海軍を拡充するなどがその内容だった。

その船中八策に感激した中岡だが、今の仕組みにすがっている者たちはこれを認めないだろうと龍馬に告げた。

スポンサード リンク


○感想・レビュー

京女に京の土産を買ってきてどうする、というお龍のつぶやきは面白かったです。

大久保利通がミッチーこと及川光博さんとは意外なキャストですね。顔はだいぶ違いますが、私は及川さんが好きなのでうれしいです。ちなみに及川さんはもともと歌手ですが、音楽活動は今もされているんでしょうか。

またも新選組が登場しました。ただ、ちょっと新選組が弱すぎる気がするのですが…。

その後、龍馬と陸奥がご飯を食べていた場所は、とても雰囲気がありましたね。ああいう古い風景好きの私にはたまりません。

船中八策はのちの新政府綱領八策として、明治政府の礎となりました。横井小楠や河田小龍らから学んだことを斬新に取り入れたこの策は、まさに斬新だったと思います。

そして、既得権益にすがる者たちから命を狙われるだろうと指摘する中岡に、「命を狙われるくらいのことをせんと日本は変わらん」と答える龍馬。このセリフはとてもよかったです。

一方、弥太郎は戦争が最大のビジネスチャンスと意気込んでいましたが、このあたりは史実ではどうだったんでしょうね。これでは金の亡者にしか見えませんが…。

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)