映画・ドラマ感想百科 » 龍馬伝 »

龍馬伝 第46回

龍馬伝 第46回

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加







○あらすじ

土佐の高知城。坂本龍馬の持ってきた銃を見て、山内容堂は「どっちを向いて使う気だ」と後藤象二郎に尋ねる。山内家が恩顧を受けてきた徳川幕府に銃を向けるなどできぬということだ。

しかし、後藤は龍馬に会ってくださるように容堂にお願いする。

薩摩と長州は土佐藩が果たして本当に大政奉還を目指すのかを疑問視している。彼らは待ってはくれぬと気の急く龍馬であった。

一方で彼は、久しぶりに坂本家に戻る。突然の来訪に驚く家族たち。彼の二人目の母は、すでに亡くなっていた。

しかし、彼女は生前、後妻で嫁いできたが幸せだったと語っていたのだった。

長崎で岩崎弥太郎は、土佐商会で勤めを続けていた。しかし主任を下ろされた彼は、こっそりと自分のための仕事をしていたのだ。

時代の流れに遅れることはできないと感じていた後藤は、旧怨を捨てて坂本龍馬が薩長を結びつけ、土佐と薩摩との盟約を結ばせた男であることを容堂に打ち明ける。

容堂にお目通りの叶った龍馬は、徳川慶喜に大政奉還の建白書を書いて下さるようお願いする。

スポンサード リンク


○感想・レビュー

久しぶりに竜馬と会えた家族が喜ぶのは心のなごむ光景でした。今と違って電話もメールもありませんから、会えなかった人に会えたときの感動はひとしおだったと思います。

弥太郎は自分の仕事をしているのがばれて、どうなることかと冷や冷やしましたが、実は彼の仕事を評価している人たちが少なからずいたんですね。

容堂に直訴をするに当たって、腹を切る覚悟を見せる龍馬と後藤象二郎。

将軍も大名も武士もいなくなって、そこに何が残ると聞く場面は迫力がありました。

龍馬の兄、権平は自分の亡き後、家督を継いでくれるように龍馬に頼みます。それに対し、龍馬は大仕事を終えたら土佐に戻ると約束しました。

山内容堂公は英明な人物だったそうですから、徳川への恩義も感じつつ、幕府では日本がもたないとも思い、その狭間で揺れていたのだと思います。

そして、もし慶喜公の怒りを買えば、土佐藩はお取り潰しになる。すごく大きな決断ですね。

今回は龍馬と家族の再開を見ることができ、高知城でのやりとりも見ごたえがありました。

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)