映画・ドラマ感想百科 » 龍馬伝 »

龍馬伝 第47回

龍馬伝 第47回

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加







○あらすじ

時は慶応3年。民衆は集団で踊りながら、「ええじゃないか」と唱えていた。10月、後藤象二郎は京の二条城で徳川慶喜に大政奉還の建白書を提出した。

若年寄格の永井尚志(なおゆき)に大政奉還をしてもらえるように訴える坂本龍馬。勝麟太郎は永井の弟子だった。

永井は竜馬の話を聞くものの、黙って立ち去ってしまう。

岩崎弥太郎は新しい仲間と銃の取引を進めていた。しかし、沢村惣之丞に、お前は何のために商売をしているのかと尋ねられる。

沢村は、自分たち海援隊は龍馬が思う存分動き回れるように商売をしている。だから自分たちは武器は扱わないのだと弥太郎に告げるのだった。

永井は慶喜に、大政奉還をせねば戦になってしまうと進言していた。

一方、幕府は大政奉還に応じないとみて、薩長は戦の準備を進めていた。

後藤のもとに、龍馬から手紙が届く。そこには、もし慶喜が大政奉還に応じなければ、自分が彼を斬ると書いてあった。

スポンサード リンク


○感想・レビュー

ええじゃないか、私も参加してみたいですね。国内で不穏な空気が流れていたことが背景にあるのでしょうか。

後藤象二郎に宛てた、龍馬の手紙は現存します。もし事が成らなかったら、自分は海援隊を率いて慶喜を倒す、後藤様とはあの世でお会いしましょうということが書かれています。

二条城に40藩の重役が集められるシーンで、みなが尻込みする中、後藤が大政奉還のご英断を、と訴えるところは迫力がありました。

何しろ260年あまりも続いた幕府ですから、諸藩の重役がおじけづくのも無理はありません。

龍馬は土佐の家族やお龍、海援隊の仲間を連れて早く海外へ行きたいと語ります。

寝ているところに階段を登る誰かの足音がするシーンも、誰だろうとスリルのあるものでした。

勝海舟は、龍馬が徳川家を残そうとしているのはよくわかるが、大政奉還が実現すれば、幕府側の多くのものが役目を失ってしまうといいます。

たしかにそうですね。大量に失業してしまうわけですから。しかし、龍馬は新しい世になれば、そうした人たちも自分のしたい仕事をすればよいと返事します。

慶喜公をぞんざいに扱うことは許さないという勝に、龍馬は命をかけて薩長を抑えると約束しました。

そして、10月14日、江戸幕府は政権を朝廷に返上し、幕府は終わりを告げました。

今回は石橋蓮司さんが心から幕府の将来を憂う役を好演されていました。永井尚志は函館まで行って官軍と戦った、骨のある人物だったんですね。

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)