映画・ドラマ感想百科 » 龍馬伝 »

龍馬伝 第14回

龍馬伝 第14回

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加







○あらすじ
三菱グループ創始者として大出世を果たした岩崎弥太郎が再び登場する。多くの芸妓を呼んで派手な宴を催す弥太郎は、新聞記者に龍馬が脱藩し、吉田東洋が暗殺された以後のことを語る。

自らを唯一取り立ててくれた吉田東洋が殺された弥太郎。東洋の甥である後藤象二郎は、弥太郎らに下手人を捕まえるように命ずる。

龍馬とともに脱藩した沢村惣之丞は大阪にいた。彼から坂本龍馬も脱藩したと聞かされて驚く溝渕広之丞(ピエール瀧)。

溝渕は、山内豊範やその上洛に伴ってきた武市半平太のいる大阪の藩屋敷の警護をしている。そこに竜馬が大胆にも訪れる。

溝渕によって屋敷に入れてもらった龍馬は、密かに武市と会う。二人はお互いの間にある溝を感じるのだった。

○感想・レビュー
今回から第2部の始まりです。再び偉くなった弥太郎の登場です。弥太郎の食べていた肉はすごいボリュームでしたね!

龍馬は薩摩の軍艦や反射炉が見たくて薩摩へ行ったのですが、入ることができず、大阪に来ていたのです。

そこで自分を捕らえに来た弥太郎とも偶然に会います。

弥太郎もやっと出世の糸口を掴んだのに、後ろ盾である吉田東洋が死んでしまい、なんだかかわいそうです(私のお気に入りだけに)。

そしていよいよ今後のキーパーソンとなる勝麟太郎(海舟)が登場しました!

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: http://eiga-k.com/ryouma/37/trackback/