映画・ドラマ感想百科 » 龍馬伝 »

龍馬伝 第15回

龍馬伝 第15回

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加







○あらすじ
武市半平太らは京にいた。三条実美と会うことができるまでに出世した武市は、攘夷実行のために、将軍を京都に呼んで攘夷を実行することを約束させることを進言する。

平井加尾も京都にいる。その加尾に坂本龍馬が会いに来た。しばしの間、二人だけの時間を過ごすことができたが、加尾は坂本龍馬(竜馬)が昔とは違う人物になってしまったと言う。

武市たちは朝廷の使いとして、江戸に向かうことになった。役目を果たした加尾に、収二郎は土佐に帰ってよいというが、そんな兄に加尾は苦しい胸の内をぶつけるのであった。

岩崎弥太郎は、役人の任を解かれて百姓仕事が板についてきた。しかし、自分は侍だと怒る弥太郎。

竜馬は加尾にある人物のことを教えてもらった。その人物の名は、勝麟太郎であった。

○感想・レビュー
今回の平井加尾はかわいそうでしたね。昔は身分などによってどうやっても変えることのできないことがとても多かったと思いますが、好きな人と一緒になれないというのはひどいですね。

収二郎に怒りをぶつける加尾を広末涼子さんが好演していました。

信じられないほどの出世を遂げた武市半平太ですが、その分彼の失ったものもあります。心根の優しい岡田以蔵を上手く利用して、敵を次々と殺していくのですから。

以蔵が純朴な青年から「人斬り以蔵」へと変わってしまうのは見ていてつらいです。龍馬が怒るのも無理はありません。

加尾と龍馬、以蔵が旧交を温める場面はとても印象的でした。

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: http://eiga-k.com/ryouma/39/trackback/