映画・ドラマ感想百科 » 龍馬伝 »

龍馬伝 第16回

龍馬伝 第16回

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加







○あらすじ
かつて坂本龍馬が剣術稽古に励んでいた、江戸の千葉定吉道場。そこを再び龍馬が訪れた。

龍馬が土佐に帰郷してから4年ぶりのことだった。ずっと龍馬への想いを抱いていた佐那と、そのことを知る兄の重太郎。

しかし二人は、龍馬が脱藩したと聞いて驚く。重太郎は竜馬に、門弟が少なくなってしまい、道場の運営が厳しいことを明かす。そして龍馬に、佐那と二人で道場の運営に力を貸してほしいと頼むのだが…。

龍馬が江戸に来た理由は、幕府の軍艦奉行である勝麟太郎に会うことであった。松平春嶽(慶永)に紹介してもらい、やっと勝に会うことができた龍馬だったが、勝が思ったほどの人物でなかったことに落胆する。

勝のところには、書生としてなんと饅頭(まんじゅう)屋の長次郎がいた。長次郎は商人であっても志を立てたいという思いから、江戸に勉学しに来ていたのだ。

しかし、その勝麟太郎の元を、三条実美に伴ってきた武市半平太らが訪れる。

○感想・レビュー
いよいよ勝麟太郎と会うことができた龍馬ですが、次々にペケを付けられるなどの二人のやり取りがとても面白かったです。

何しろ龍馬かぶれを自認する武田鉄矢さんですから、その師である勝海舟を演じるのには力が入るでしょう。

スポンサード リンク

勝海舟の書斎は西洋時計の音がして、地球儀や船の模型があるなど彼の先進的な考えが反映されたようなつくりでした。

あの書斎が史実に基づいたものかは分かりませんが、咸臨丸でアメリカに行った勝ですから、本当にあのような書斎だったのかなあと思いました。

それから、勝のところに饅頭屋の長次郎(近藤長次郎)がいるとは龍馬だけでなく私も驚きました。

Wikipediaによると、長次郎はかなり重要な、そして面白い経歴の人物だったんですね。

近藤長次郎(Wikipedia)
↑長次郎のその後が気になる方は見るとネタバレになってしまいます。

咸臨丸に乗せてもらい、感動する龍馬。日本にも黒船があったんですから、その気持ちがわかります。

今回は岩崎弥太郎があまり出ませんでした。ちょっと残念…。

ところで西郷隆盛はどなたが演じるのでしょうか。気になっています。

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: http://eiga-k.com/ryouma/41/trackback/