映画・ドラマ感想百科 » 龍馬伝 »

龍馬伝 第21回

龍馬伝 第21回

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加







○あらすじ
引き続き勝塾で学ぶ坂本龍馬(竜馬)だが、平井加尾から知らされた収二郎の切腹のことが頭から離れない。

世の中の流れは攘夷から開国へと確実に傾いていた。京都の朝廷では三条実美ら攘夷派がその座を追われ、仕方なく長州へと落ち延びたのだった(七卿落ち)。

土佐の山内容堂は人斬り以蔵らを捜し、また藩外に出た土佐勤王党の者たちに藩に帰るよう命じた。

勝塾の沢村惣之丞、望月亀弥太らはそのことに動揺し、迷う。平井が切腹し、他の勤王党の者たちも捕らえられているのに、自分たちだけが勝塾でのうのうとしていていいのか、と。

そのことを知っていた勝麟太郎は、塾生に藩に帰るな、と強く諭すのだった。

龍馬は、自分を土佐に帰らせてほしいと勝に頼む。自分がなすべきことは土佐に帰ることではなく、日本を守るために強い海軍をつくること。それは龍馬にもよく分かっていた。

そして、土佐に帰れば自分も捕らえられて獄に入れられる。それを承知で勝に頼む龍馬だったが、勝は決して承諾しなかった。

龍馬は幼なじみである岡田以蔵の身を案じていた。捕まれば土佐に帰って獄に入れられるからだ。以蔵の恋人を訪ねるが、彼女のところにも来ていないという。

スポンサード リンク

○感想・レビュー
前回、無念の死を遂げた平井収二郎。脱藩するときに龍馬が土佐勤王党と袂を分かったのか、それとも党の一人として土佐を出たのかはわかりませんが、平井の死は龍馬にとって大きな衝撃だったでしょう。

龍馬は土佐勤王党が私利私欲のためでなく、純粋に攘夷を実行しようと活動していたこともよく知っていたはずです。それなのに、時代の流れが開国に傾いたと見るや、勤王党に弾圧を加えた山内容堂。龍馬が土佐に帰ろうとした気持ちがわかります。

土佐の武市半平太は妻と仲むつまじく暮らしていました。大きなものを背負い、生真面目に歩いてきた武市にとって、妻だけが弱さを見せられる人だったのかもしれません。

しかし、武市は自分の運命を悟っていたに違いありません。そして容堂公のためにと正しいと信じて選んだ道だけに、その悔しさはあまりあるものだったでしょう。

しかしそれを面には出さず、子ができなかった上に寂しい思いをさせたと妻に謝る武市がとても印象的でした。

一方、材木が売れずに困っていた岩崎弥太郎。喜勢の言った「おまけ」とは何をつけるのだろうと楽しみにしていましたが、傑作でした。あれをおまけにつけても売れないでしょう(笑)。

ところが弥太郎の頭にひらめくものが。いよいよ立身出世が始まりそうです。弥太郎が家に帰って材木が売れたお金を家族に見せるところは私までうれしくなりました。

弥太郎と往来で出会った武市半平太。龍馬や自分のように好きなように生きたらいい、と弥太郎が武市に言うシーン、武市の人柄をよく表していました。

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: http://eiga-k.com/ryouma/51/trackback/