映画・ドラマ感想百科 » 龍馬伝 »

龍馬伝 第23回

龍馬伝 第23回

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加







○あらすじ
饅頭屋の長次郎こと近藤長次郎が結婚し、勝塾の塾生や勝麟太郎(海舟)の祝福を受ける。そこで勝は、神戸村に幕府の海軍操練所が完成したと皆に伝える。

さっそく神戸を訪れた坂本龍馬たちは、操練所の施設や海に浮かぶ軍艦を見て感激する。しかし、陸奥陽之助(後の陸奥宗光)という男は、望月亀弥太を侮辱する。

望月は怒りのあまり、土佐勤王党の同士が腹を切らされたり投獄されているのに自分だけここでのうのうとしていいのか、と苦しい胸のうちを語る。しかし龍馬は、国を守るために海軍をつくろうとしているのだから、後戻りしてはいけないと諭すのだった。

土佐では武市半平太らが牢に入れられていたが、下士への拷問はされなくなった。しかし、自分を慕ってくれる牢番から武市は岡田以蔵が捕まったことを聞かされる。

武市の家では、妻の冨が半平太のことを案じていた。冨を慰める乙女。そこに岩崎弥太郎が現れ、どこか家の修理が必要なところはないかと聞いた。

スポンサード リンク

○感想・レビュー
ついに神戸村に海軍操練所が完成しました。私の先祖もこのときに神戸村の土地を買っておけば儲かったのに、と思ってしまいました(笑)。

長次郎が結婚し、操練所も完成して喜ぶ竜馬たちですが、望月亀弥太(かめやた、きやた)の心中は複雑でした。自分たち下士は土佐藩で犬猫同然の扱いを受けていた。

そんな自分たちを藩の攘夷運動を担うまでにしてくれたのは武市半平太であり、望月は攘夷という理想を捨てられなかったのです。

そして望月は京都の池田屋で行われた長州の尊皇攘夷の志士たちの会合に参加してしまいます。

ちなみに、八月十八日の政変以降苦境に立たされた長州は今考えると恐ろしい計画を練っていました。京の町や御所に火を放ち、その隙に天皇を連れ出そうとしたのです。

この計画は新選組(新撰組)の副長、土方歳三が古高俊太郎を拷問して自白させたことで明らかになりました(ただし拷問の内容など異説もあります)。

今回の「龍馬伝」は薩長土肥という後の新政府側から見た歴史で、新選組は悪者として描かれています。しかし、長州の理想はどうあれ、新選組が京都を火の海にされることから救ったともいえるのです。

ところで岩崎弥太郎に娘が生まれました。商売も順調、私生活も順調な弥太郎ですが、今回は意外な面を見せます。密かに武市や冨を心配しつつ、それを隠そうとする弥太郎を香川照之さんがいつもながらみごとに演じていました。

さて、坂本龍馬にとっても今回の池田屋事件は大きな転機となるのですが、次回が楽しみです。まあ、実際には新選組の屯所に龍馬といえども一人で乗り込むとはあまり思えないのですが…。

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: http://eiga-k.com/ryouma/55/trackback/