映画・ドラマ感想百科 » 龍馬伝 »

龍馬伝 第28回

龍馬伝 第28回

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加







○あらすじ

武市半平太(瑞山)と岡田以蔵を助けるために罪をかぶった坂本龍馬(竜馬)を、彼らしいと坂本家では話していた。そして、もっと龍馬と過ごしたかったという思いも乙女たちの心の中にあった。

龍馬が詳細に吉田東洋暗殺を自白したと、後藤象二郎は山内容堂に報告する。そして容堂は牢の中の武市のもとを訪れる。

容堂は武市に、自分とお前とはよく似ている。徳川幕府に失望しつつも、忠義は捨てられぬのだ、と心中を明かした。

その頃、岩崎弥太郎は仕方なく龍馬を捕らえる任務に出かけるところだった。そこにまたも現れた龍馬。弥太郎は龍馬はとっくに藩外に逃げ出していると思っていたのだ。

龍馬は弥太郎に、武市に会わせてくれ、と頼むのだった。


○感想・レビュー

山内容堂は曼荼羅の前で酒を飲みつつ、何かを考えているシーンが最近多かったのですが、彼が何を思っていたのかが明らかとなりました。

容堂も決して徳川がよいとは思っていなかった、その点は武市と似ているというわけです。しかし、徳川への恩義を感じる容堂は、心の底から帝を敬いつつも、幕府を裏切ることはできなかったのです。

武市は容堂に、吉田東洋を暗殺させたのは自分だが、その件に岡田以蔵は関わっていないと話します。「わしにどうしてほしいか」と尋ねる容堂に、以蔵を楽にさせてやってくださいと頼むシーンは印象的でした。

スポンサード リンク

おそらく坂本龍馬が武市たちを助けるために土佐に戻ったというのは創作でしょうし、史実では吉田東洋の件については岡田以蔵が自白したことになっているようです。

また、殿様が武市の牢を訪れて地べたに座って話し込む、というのも現実にはどうかな、と思ってしまいました。

しかし、武市も容堂の言葉に救われましたし、容堂は実際に武市に対する処置を後々まで後悔していたそうです。「龍馬伝」という物語としては見ごたえのあるシーンでした。

龍馬に国を変えるという夢を託し、愛妻の冨にのんびり暮らそうという約束を果たせなかったことを詫びながら、武市半平太は切腹しました。

通常、切腹は一文字か十文字に行うのですが、武市は三文字という壮絶な切腹をして、生涯を終えました。この切腹のシーンは大森南朋さんが鬼気迫る演技をされて、観ているこちらがつらくなるほどでした。

以蔵も顔の傷が痛々しかったですね。恋人とも別れ、処刑された悲しい人生を佐藤健さんが見事に演じておられました。

さて、龍馬たちは薩摩へ行くと決めました。龍馬の「西郷吉之助という人物は大きく叩けば大きく響き、小さく叩けば小さく響く」という評は、龍馬が勝麟太郎に実際に伝えた言葉です。

日本を洗濯する、苔の生えてしまった徳川幕府を変えるという決意をした龍馬。第三部が楽しみです。

ところで、放送後に武市半平太の切腹時に着けていた下着や刀などが紹介されていました。武市さんはどういった思いで自決したのかと、感慨深いものがありました。

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: http://eiga-k.com/ryouma/65/trackback/