映画・ドラマ感想百科 » 龍馬伝 »

龍馬伝 第34回

龍馬伝 第34回

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加







○あらすじ

上野彦馬(テリー伊藤)に写真を撮ってもらった坂本龍馬(竜馬)たち亀山社中の一同。

社中の買い付けたユニオン号は、桜島丸と名を変えて、長州へと運ばれることになった。これで薩長の間にきずなが生まれると、龍馬たちは満足げだ。

一方、14代将軍の徳川家茂は、京の御所で長州征伐を天皇から命ぜられる。

桜島丸は無事に下関に到着し、桂小五郎は長州の恩人だと龍馬に礼を言う。

龍馬は、桂が薩摩藩と手を結ぶことをまだ迷っていると感じていた。龍馬は、なんとしても幕府の長州攻めを止めさせたいと訴えるのだった。

しかし、船籍が薩摩にあり、薩摩や亀山社中もこの船を使えるということを知った桂は、話が違うと憤る。

これは、近藤長次郎が社中も桜島丸を使って商売ができるようにと思って入れた条項で、井上聞多らも知っているはずの話だった。

しかし、このような条件が付いていては、上の人たちに説明ができないと桂。結局、薩長のために龍馬の一存で、名義を長州のものとし、また長州が自由に船を使えるようになった。

スポンサード リンク

土佐の岩崎家では、楠の数の調査を報告した弥太郎が、後藤象二郎からほめられていた。後藤はそのうえで、弥太郎に思わぬ仕事を任せる。

それは、京に行って薩摩の動きを探れというものだった。

長次郎は長崎に帰った。社中の者たちは、長次郎が一存で船を自分たちも使えるようにしていたことなどを知り、驚く。

私利私欲には走らないのではなかったかと池内蔵太たちは長次郎を詰問する。しかし長次郎は、池たちの着ている白袴も、カステラの材料費も、金を工面したのは自分だと反論する。

その後、長次郎はグラバーに呼ばれた。長州の井上聞多が、亀山社中への礼と侘びを兼ねて、大金を送ってきたのだ。自分たちは利を求めてはいけないのだと断る長次郎だったが…。


○感想・レビュー

冒頭の写真を撮るシーンは、身動きできない時間の長さにとまどう一同の様子が楽しかったです。

今回は近藤長次郎に悲劇が起こります。立派にユニオン号の商談をまとめ、亀山社中に有利な条項も入れていた彼ですが、それが誤解されたことはかわいそうでした。

また、人知れず金の工面に苦心していたのに、そのことをわかってもらえず、逆に同志たちになじられ、にせ侍といわれてしまっては、我慢もならないでしょう。

その長次郎を大泉洋さんが好演されていました。とても自然な演技でした。

イギリスに密航しようとしたものの、風雨で出航できず、かくまってもらった小曽根乾堂からあることを聞かされたときのシーンはとても痛々しかったです。

史実では、龍馬は長次郎のことを、徳にやや欠けるというように評していました。このことは龍馬伝では描かれていませんでしたが、このことが今回の悲劇を招いた気がします。

また、長次郎が自決したことについて、龍馬は自分がいたら、死なせはしなかったと言ったという説と、龍馬が切腹を命じたという説があるようです。

そのため、史実と龍馬伝とは異なるところもあるかもしれません。ただ、長次郎がイギリス密航を企てる動機が納得の行くように龍馬伝では描かれていたと思います。

さて、桂小五郎はやっと京で西郷吉之助と会う決意を固めます。高杉晋作が拳銃のスミスアンドウェッソンを龍馬に贈るシーンは印象的でした。

高杉が拳銃を龍馬にあげたのは史実のようです。薩長の仲介をしたことで、完全に龍馬は幕府の敵になりました。そのため、「日本のために働くなら死んではいかん」と高杉が言うシーンは説得力がありました。

そして槍の使い手である三好慎蔵が彼の警護につきます。心強いですね。

妻子を気にかけつつ、切腹してしまった近藤長次郎。自ら招いた死とはいえ、とても悲しいものです。

お元に、自分はおめでたい人間だったとつぶやく龍馬の姿も印象的でした。

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)