映画・ドラマ感想百科 » 龍馬伝 »

龍馬伝 第37回

龍馬伝 第37回

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加







○あらすじ

寺田屋で傷を負った坂本龍馬は、薩摩藩邸で治療を受ける。お龍も龍馬に薬を飲ませるなど、世話をする。

西郷吉之助は、龍馬に木戸貫治は京を離れたと告げる。そして、龍馬も薩摩に行って傷を治したらどうかと提案する。

木戸が龍馬に残していった箱の中には、薩長の盟約書が入っていた。怪我をした身でなんとか彼は同盟は間違いないとの裏書をする。

それでは自分は寺田屋に戻るというお龍に、龍馬はお前も一緒に薩摩へ行くのだという。このまま別れたら一生あえないかもしれないから、夫婦になろうと。

薩摩は長州征伐を止めさせるため、大阪で薩摩と長州が手を結んだことを広める作戦に出た。驚愕する一橋慶喜。

龍馬は薩摩藩士に守られながら京を脱出し、船で長崎へと向かった。

一方土佐では、山内容堂が時代の流れが変わったことを痛感していた。彼は後藤象二郎の言うとおりになったと、後藤をほめる。

そのため上機嫌の後藤だが、岩崎弥太郎は彼に、自分も藩のために働きたいと強く訴える。

長崎に戻った竜馬とお龍は、亀山社中に赴く。龍馬が無事に帰ってきて、薩長同盟も成立し、おまけに彼が結婚したことに驚く一同。

龍馬は薩摩の助けで、社中が使える船を入手したことを明かす。グラバー邸で大浦慶にこれからどうするのかと聞かれた彼は、幕府を戦をせずに倒したいと述べるのだった。

スポンサード リンク


○感想・レビュー

手に深い傷を負った竜馬。史実では彼と三好慎蔵は屋根から逃げましたが、出血がなかなか止まらなかったそうです。

ついに龍馬とお龍が結婚しました。彼女も自分の恋心を抑えて、隠していましたが、よかったですね。

小曽根乾堂や大浦慶、グラバーに、これからはますます金がかかるから頼みますとお願いするのはさすが、しっかりしていますね。

ただ、小曽根が社中にいる息子に、あまり龍馬には深入りするな、と忠告する場面は印象的でした。自分たちは商人なのだからという理由は説得力があります。

高杉晋作はグラバー邸の隠し部屋にいましたが、あの隠れ家は雰囲気がいいですね。世界を周りたいという夢を描いていた彼ですが、実は病魔が体を侵していたのです。

お元はお龍に会い、その後龍馬に自分を身請けしてといいます。やはり彼はモテモテです。

寺田屋で襲われたとき、やるべきことを急がねばならないと思った龍馬。今後の活躍に期待です。

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)