映画・ドラマ感想百科 » 龍馬伝 »

龍馬伝 第40回

龍馬伝 第40回

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加







○あらすじ

幕府軍が長州に負けたことに立腹する徳川慶喜。一方、坂本龍馬(竜馬)とお龍は小曽根乾堂の屋敷に匿われていた。

お龍は夫を守るためにピストルの練習をするが、小曽根は幕府がこのまま黙っているだろうかと心配する。

亀山社中は、何者かに荒らされていた。陸奥陽之助は、長崎奉行所がやったのだとにらむ。

長崎奉行所の朝比奈は、薩長の戦にも加わった龍馬を探しだそうと必死だ。そんな中、小曽根は社中のみながこの屋敷に移ったらよいと龍馬に提案し、彼は感謝する。

徳川慶喜は、フランス公使のロッシュと会い、幕府軍をフランスの力を借りて近代化し、長州を討つことを決意する。

肺結核のために療養中の高杉晋作を、木戸貫治が見舞う。幕府を戦で倒さずに済む術はないのか、と尋ねる高杉だが、木戸は首を振る。

土佐では山内容堂が動いた。岩崎弥太郎は後藤から金を工面するように命じられていたが、そこに容堂公から手紙が来る。そこには、密かに薩長に近づけと書かれていたのだ。

そこで後藤象二郎は、坂本を探せと弥太郎に命じる。奴が土佐藩にとって使える奴かどうかを見極めるというのだ。

しかし弥太郎は長崎の商人たちから相手にされず、怒る。そんな弥太郎の元を訪れた龍馬は、後藤にあってもよいと言い、弥太郎を驚かせる。

それを聞いた社中の面々は、後藤は武市半平太や岡田以蔵を殺した張本人であり、なぜ会うのかといきり立つ。しかし、龍馬は土佐を使って大政奉還を成し遂げようと考えていたのだ。

そして清風亭で龍馬と後藤象二郎が会談をした。双方とも刀を持つ者を忍ばせ、ものものしい雰囲気の中、後藤は土佐と薩長の橋渡しをしろと龍馬に命ずるのだが…。

スポンサード リンク


○感想・レビュー

いよいよ龍馬が大政奉還に向けて動き出しました。他の人がとうてい不可能だと思うことを信じるままに貫くところが彼の魅力です。

15代将軍になった慶喜ですが、役者さんが眉が薄いせいか、本人のイメージとはだいぶかけ離れているように思います。行動も粗暴ですし、私は馴染めません。

後藤象二郎でもそうですが、必要以上に龍馬に敵対する人を悪役として描いているところが、疑問を感じます。もっと自然な演出でも良いのではないでしょうか。

お龍が龍馬に抱きつくシーンは微笑ましいのですが、ピストルを持って抱きつくと危ないと思います(笑)。

岩崎弥太郎は着物ではなく洋服を着ていましたね。最初は誰だかわかりませんでした。弥太郎も無理難題ばかり押し付けられてなんだかかわいそうな気もします。

一方で彼が麻雀をぶち壊しにするところはひどいですけど笑えました。

龍馬に何ができるとお元に対して怒る弥太郎のところへ、ひょっこり龍馬が顔を出すところも面白かったです。

清風亭での会見ですが、龍馬は土佐勤王党や武市たちを弾圧した藩に協力する気はないと断ります。まあ当然です。

しかし、日本の大局を考えて、彼は次のように語ります。今こそ大政奉還の絶好の機会である。薩長は勢いづいており、そこに土佐が加われば幕府に脅威となる。

しかし、後藤は土佐が幕府に戦をしかけるなどありえんと否定します。そこで龍馬は、容堂が慶喜と親交のある土佐だからこそ、幕府と薩長との戦を止められるのだといいます。

なるほどなあ、と思いました。後藤はお主の話に乗ろうと言いました。最近大げさな演出に辟易していましたが、今回はそんなでもなく面白かったです。

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)