映画・ドラマ感想百科 » 坂の上の雲 »

坂の上の雲 第10回のネタバレ有りレビュー

坂の上の雲 第10回のネタバレ有りレビュー

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加







乃木が戦場跡を視察する所での荒涼とした風景が印象的でした。

大連で乃木に会う児玉。乃木は敵要塞の敵情がわからないとつぶやきます。

海軍は旅順艦隊への攻撃を行います。青みがかった港の風景が美しかったです。結局、艦隊への打撃は与えられましたが、逃げられてしまいました。


要塞への総攻撃

乃木も要塞への第一回総攻撃を行いました。日本兵は障害物もない斜面を登っていかねばなりません。当然ロシア軍としては攻撃しやすく、多くの兵士がやられていきます。

その味方の苦闘を双眼鏡で見た時の乃木さんの顔がとてもつらそうでした。柄本明さんの演技はすばらしいです。

次々に倒れ、屍となってしまう兵士たち。その屍を盾として突撃していく姿が戦争のひどさをよく伝えていました。

要塞は頑丈な作りで、砲台、地雷原、機関銃と言った装備です。結局、この堅固な要塞にダメージを負わせることはできませんでした。

秋山真之は、旅順要塞など落とさなくていい、203高地を落としてくれればそれでいいと陸軍に直談判に行く、といいます。正論です。しかし、島村は、彼らも苦しく、また自分たちも敵艦隊をみすみす見逃したといって止めるのでした。

スポンサード リンク


騎兵旅団

秋山好古の騎兵たちは、敵情捜索をして堡塁(ほうるい)の位置を探り当てました。そして、遼陽で好古たちがロシア軍を側面から攻撃し、クロポトキン率いる軍は退却しました。彼の大きなベッドが印象的でした。

アメリカのユダヤ人金融家、シフが日本公債の半分を買ってくれました。金欠に悩む日本にはとてもありがたいことです。シフは是清に、ロシアには500万人もユダヤ人がいる。

そして彼らがひどい扱いを受けてきたということを話しました。だから買ってくれたんですね。シフは日本が勝つかどうかは重要ではないと言いましたが、とにかく日本がロシアに一矢報いてくれればよいということだったのでしょうか。

乃木軍の第2回総攻撃が行われます。児玉に乃木が、「要塞のどこに弱点がある?」と聞くところはとても重々しい雰囲気でした。うーん、真之の言うように初めから203高地を攻めてはいけなかったのでしょうか?

ちなみに203高地は要塞の北西にあり、標高203メートルだからこの名があります。そしていよいよ、バルチック艦隊が出港しました。

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)