映画・ドラマ感想百科 » 坂の上の雲 »

坂の上の雲 第12回

坂の上の雲 第12回

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加







あらすじ

広島の呉に戻った戦艦三笠は、砲などが傷んでいた。

明治天皇は、東郷平八郎に「ロシア軍の増援が来るが見込みはあるのか」と問う。東郷は、誓って撃滅すると力強く答えた。

秋山真之にとっても久しぶりの骨休めとなった。青山の家に帰った真之を、母や妻、義姉と好古の子供たちが温かく迎えた。

満州では、再びロシア軍との戦いが始まろうとしていた。沙河(しゃか)という場所では、両軍が塹壕を掘り、掩蔽(屋根)を作って風雪や砲撃を防ごうとしていた。

秋山好古率いる騎兵旅団は、この地の偵察を行なっていた。旅順で勝利した乃木の第三軍が合流してくるのをロシアは必死に防ごうとするからだ。

そして部下の永沼隊長の率いる挺身隊(ていしんたい)が出動、大軍を発見した。

スポンサード リンク


感想

前回、203高地を取ることで見事に勝利した日本軍ですが、ロシア軍は捲土重来を期して再び押し寄せてきます。

一方、真之たち海軍は帰国し、つかの間の休息をとります。といっても、家に帰っても天井を見つめたままバルチック艦隊が来るのに備えて戦略を練るのですから、心休まる暇がなかったでしょう。

バルチック艦隊はどこにいるのかと真之が問われる場面がありましたが、今のように軍事衛星などありませんし、本当に真之もどこにいるのか知りたかったでしょう。

また、母親に偉くなったと拝まれるところも面白かったです。なにしろ中佐ですから、大出世です。

挺身隊というのは自らを犠牲にするという意味です。それだけ日本は崖っぷちの状況に置かれていたんですね。そして祖国のために命を投げ出す将兵の覚悟に頭が下がります。

私利私欲を貪っている古今の日本の政治家を彼らが見たら何と思ったことでしょうか。

さて、今回は陸軍も不利な状況を戦い抜きますし、海軍はバルチック艦隊がどこから来るのかを必死に探ろうとします。

坂の上の雲もあと1回となりました。炒り豆をぽりぽり食べる真之さんに会えなくなるのが寂しいです。
坂の上の雲 第12回のネタバレ有りレビュー

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)