フライトプラン

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加







○あらすじ
カイル・プラット(ジョディー・フォスター)はドイツのベルリンで夫を転落事故で失った。夫の葬儀のためにカイルは娘のジュリアとともにニューヨーク行きの飛行機に乗る。

この飛行機はカイルが設計したものだ。

しばしの眠りについたカイルが目を覚ましたとき、ジュリアはいなくなっていた。ジュリアを必死に探すカイルだが、手がかりは全くつかめない。

それどころか、搭乗者名簿にはジュリアの名前がなく、スチュワーデスもジュリアは見ていないという。ジュリアのバッグも無くなっていた。

誘拐されたのではと疑ったカイルは、機長に頼んで機内を捜索してもらうが、ジュリアは見つからないままだ。乗客につかみかかるなどのカイルの行動を見かねた機長は、航空保安官にジュリアを監視するように命じる。

この狭い機内でジュリアはどこに消えたのか。そしてなぜ?

スポンサード リンク

○感想・レビュー
公開当時にテレビでこの映画のCMが流れていました。飛行機の中で突然消えた娘、という謎に満ちた設定が面白そうだと思っていました。

主演はジョディー・フォスター。美人で演技も上手です。「羊たちの沈黙」でも捜査官を好演していました。

そんなわけでけっこう期待していたこの「フライトプラン」。いなくなった娘を必死で探すカイルの演技はすばらしかったです。

保安官の目をかいくぐってトイレから脱出したり、怪しい乗客がいたりと先が読めません。

飛行機の客室以外の部分が見られるのも貴重です。SFに出てくる宇宙船みたいな内部でしたが、本当にあんな感じなのでしょうか。

さて、肝心の物語ですが、前述のように先が読めない展開でスリルたっぷり。前半の緊張感はすばらしかったです。

そして、さあこのストーリーに隠された謎とは、と楽しみにしていたのですが、まさかあの人物が、という驚きはあったものの、陰謀にあまり深さや意外さがなかったのが残念です。

よい材料が揃っていて、もっと煮詰めればよい作品になったのに、中途半端な出来になってしまったのが本当に惜しいです。もう少し話を長くして、もっとひねりを加えればよかったのに…。

とはいえ、手堅く作られた作品で最後までまあまあ楽しめました。もう少しで傑作になる、惜しい作品でした。
評価:  3点(5点満点)

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)